チネイザン(腹部デトックスマッサージ)とは

古くからタオに伝わる気功療法の一つで、お腹へのタッチを中心としたホリスティックなセラピーです。文化大革命などの影響で歴史から消え去ろうとしていたテクニックですが、タオの世界的権威である謝明徳老師(マンタックチア師)が、現代医学を取り入れて再生したものです。

チネイザンがベースにしている東洋医学では、感情が直接臓器を傷めると考えられています。怒りは肝臓を、喜び・焦り・我慢は心臓を、心配・不安は胃を、悲しみ・失望・欝は肺を、腎臓は恐怖という感情と結びついています。

チネイザンでは腸や臓器を直接マッサージし働きかけます。溜め込んだ負の感情のデトックスし、内蔵の位置を正常な場所に戻し、機能を活性化させ、自然治癒力を高めていく効果が期待されます。

チネイザンによって報告されている変化の中には、

・ 内臓の機能向上

・ 便通の改善

・ 腰痛や肉体的な疲労、だるさの軽減

・ 生理痛、生理不順、冷え性の緩和

・ リラクゼーション、ストレス緩和、安心感

・ 感情の安定・ 気力の向上などさまざまなものがあります。

私自身、タイでチネイザンを1ヶ月の間に5回以上受けて、便通が改善され嗅覚がとても敏感になりました。その他細かい体質改善がありました。

 

施術方法

体調や病歴などについて簡単なヒアリングをした後、横になっていただき、お腹全体にオイルを使って触っていき、内臓の声を聴きながら、おヘソの周り、五臓六腑、丹田といった部分にもアプローチします。

 ペース、回数について

チネイザンは、定期的に受けるとより効果的です。 一度だけでも変化や効果を感じることもありますが、身体と心のバランスをとっていくために、初めての方は5回続けてお受けになることをお勧めしています。 なぜなら、5回のセッションで基本的な部分(大腸、小腸、脾臓、肝臓、腎臓、心臓、肺など)への施術が網羅され、全体のバランスが整ってくるからです。 1〜2回/週のペースで5回お受けいただくのが理想的です。 その後は、お身体の調子に合わせて継続していきます。

ご注意

数千年にわたり伝統的に用いられてきた施術法であり、その有効性、安全性は歴史的に確認されております。しかしながら、医師の診断、治療に代わるものではありません。以下に当てはまる方は大変申し訳ありませんが施術させて頂けません。

・卵巣嚢腫、子宮筋腫、悪性腫瘍、腫瘍、腹部大動脈瘤、感染症、激しい腹痛がある方

・その他疾患をお持ちの方

・現在薬を服用中の方

・妊娠中の方

身体の中に人工物を装着している方